Concept

10年程前、仕事の区切りが付いたとき、リフレッシュ先として友人に勧められた、カウアイ島。
友人との会話から2週間後に、ぽーんと訪れたこの島から、私の宝島への旅はスタートしました。

「ハワイ=オアフ=にぎやかな観光の街」の先入観を覆す、大迫力の自然の造形美。
人を怖がらない絶滅危惧種の生き物たち。神秘的な固有植物や、善良でピュアな島の人たち。

たくさんの素晴らしい出会いと時間を体験し、その後もカウアイには年2~3回通うことになります。
訪れるたびに、新しい島の表情に触れ、島民の生活や文化に触れ、ごく自然に、少しずつ、学びを深めていきました。

この間に、強く実感したこと。
それは、ハワイの人たちと日本人とは、「言語や自然と一つになる生き方、価値観が、近しい」ということ。

例えば、ハワイ語の「Hina(ヒナ)」は「月光、白く細い始まりの光」の意味がありますが、日本語の「ひ」と「な」も、音の持つ本質は「始まりのエネルギー」が「広がっていく様」を表します。

また、森羅万象に神を感じ、自然への畏敬の念を抱く姿勢も共通しています。
カウアイで生まれたハワイアンは、雨や滝の音、鳥や昆虫たちの鳴き声などを、雑音ではなく会話ととらえ、雲や星を読み、天候や波を予知することができます。
日本でも、自然に関わるお仕事の方が身につけている技術ですね。

そして、カウアイ渡航が20回を超えたころ、ニュージーランドを訪れる機会を得ます。

そこで、初めて対面したマオリ語の地名Tamaki。私の本名と同じ音のこのマオリ語は、土地を治めていた首長の名前だそうで、同時に「予兆、予言」の意味を持つことを知り、一気にマオリと日本との関係にも興味がわきました。

そこから、ニュージーランドへもたびたび訪れることになります。
カワカワやホロピト、マヌカなど自生のハーブを生活に取り入れる知恵や、希少な動植物の知識を学ぶ中で、ここでも日本との類似点に気づき、「日本を学びなおそう」と思うようになりました。

まず、取り掛かったのは、日本語の「音(おん)」でした。音霊、言霊であり、響き、波動です。

シッダー(瞑想者)でもある私は、ヴェーダや波動も学んでいましたので、「一つひとつの音が持つ本質」の理解は、スムーズに進みました。

ここでも、先にあげた「Hina」の他、下記のような興味深い共通点がたくさん見いだせました。
「Kai」:「か(躍動する)+い(命、元素)」。ハワイ語/マオリ語で「海」。
「Aloha(Aroha)」:「あ(自らを)+ろ(定める)+は(力の発動)」。ハワイ語/マオリ語で「魂の息吹、愛」。

音の波動が、心身や世界と調和している様は、瞑想で使う「マントラ」や、日本の「祝詞」、ハワイの「チャント」でも体感できます。

意味を追わず、ただ唱える、もしくは静かに想うだけで、周囲の世界と溶け合い、調和していく感覚。それは、宇宙旅行のような意識のひろがりと、他者と無条件に繋がる心地よさがあります。

この不思議な一体感。現代の日本とポリネシアは、物理的距離がありますが、もともとは同じ土地や環境で暮らしていたかもしれないという「ムー大陸(パシフィカ大陸やジーランディア)説」にも、納得感が得られるのではないでしょうか?

「音」の次に取り組んだのは、形霊、型霊である「文字」です。

日本オリジナルの文字は、「神代文字(かみよもじ、じんだいもじ)」と呼ばれ、数十の形があります。いずれも、周囲の自然から波動を感じ取り、それを形にした、ユニークで躍動感にあふれるものばかり。その中でも、私は「出雲文字」を学んでいます。

他にも様々な神代文字を書いてみたのですが、音の持つ本質とのつながりや、書いているときの体感が、一番しっくりきたのが、この「出雲文字」でした。
この文字は、神聖ながら明るいエネルギーを感じ、また、不思議とすぐ覚えられたのです。もしかすると、前世で使っていたのかもしれません。

このような活動の中で、新しい発見やインスピレーションがどんどん得られています。

一つは、ホメオパシーを通じて。
私の波動が、多くのクロップサークルのエッセンスと同調していることがわかったのです。

学生時代、1ヶ月程イギリス、スコットランドに滞在し、ストーンヘンジ等の遺跡を巡っていたのですが、当時それらが、天文台や空港のように感じられたのを思い出しました。

さらに、地上絵で知られるナスカ、マチュピチュともつながりがあるようで、プレアデスを示唆する情報が流れるように入ってきており、日本~ハワイ~ニュージーランドに続く、欧州、南米への探検の道にも心を躍らせている最中です。

ご縁のある土地や島々を訪れて、現地の友人たちと自然の中にたたずむとき、外見や、使う言語は違っていても、同じ美しさを見て、嗅いで、味わっていることを感じます。
それは、私に深い安堵を与えてくれ、世界がひとつになる、温かく新鮮な感覚を呼び戻してくれます。

「Garden Islander(ガーデン・アイランダー)」という名も、私が出会ってきた、宝物のような島の友人たちが由来です。
遠く離れていても、故郷のような懐かしさを感じられる、この素敵な世界に敬意をこめて。

自分がどこから来たのか、どこへ行くのか、には興味がつきませんが、何より、その道程で得られる貴重な古代の知恵と技術を、今につなげていくことを楽しんでいきたいと思います。

私が携わっている様々な体験や学びの共通点は、「自然と一つになる方法」。
人が、自然の一部として、至福ともに生きる本来の在り様を、また、私たちは生まれたときから統一した神聖な存在であることを、シャーマン的な仲立ちとして、爽やかに、お伝えしていければと思っています。

2018年2月18日, 2020年8月8日一部追記
Hana Hayashi

【プロフィール】
1971年生まれ。法政大学法学部中退。予知夢などのテレパシックな体験が多く、心身を整えるため、瞑想の道へ。「旅」、「静寂と創造」をテーマに活動中。

13ec483d-e88c-43fd-a930-4eca6cc67bf8 (1)
GI_logoB