Concept

10年程前、ふと仕事の区切りが付き、リフレッシュ先として友人に勧められた、カウアイ島。その2週間後に、ぽーんと訪れたこの島から、私の宝島への旅はスタートしました。「ハワイ=オアフ=にぎやかな観光の街」の印象を覆す、大迫力の自然の造形美、人を怖がらない絶滅危惧種の生き物たち、神秘的な固有植物、善良でピュアな島の人たち。たくさんの素晴らしい出会いと時間を体験し、その後毎年2~3回通うことになりました。訪れるたびに新しい島の表情に触れ、島民の生活や文化に触れ、ごく自然に、少しずつ、学びを深めてきました。

この間に、強く実感したこと。それは、ハワイの人たちと日本人とは、「言語」や「自然と一つになる生き方(価値観)」が、近しいということ。例えば、ハワイ語の「Hina(ヒナ)」は「月光、白く細い始まりの光」の意味がありますが、日本語の「ひ」と「な」も、音の持つ本質は「始まりのエネルギー」が「広がっていく様」を表します。また、森羅万象に神を感じ、自然への畏敬の念が強いアニミズム的な姿勢も共通しています。雨や滝の音、鳥や昆虫たちの鳴き声などを、雑音ではなく会話ととらえ、雲や星を読み、天候や波を予知できたりもします。これは、日本の農家さんや漁師さんが身につけている技術でもありますね。

カウアイはハワイ州の中でも環境保護の意識が高く、人間より自然の動植物が優先されているような面があります。ですので、オアフやハワイ島のようにイルカと一緒に泳いだりはできませんが、イルカたちは、人の乗るボートが大好き。タイミングさえ合えば、必ず近寄ってきて、先導しながら泳ぎ、音楽をかければ、ノリノリでジャンプやスピンを見せてくれます。人間が上げる歓声も聞こえていて、アンコールもしてくれます。一度、先導するイルカたちの声を水中カメラのマイクで拾ったのですが、何とも楽しそうに、にぎやかにおしゃべりをしていました。

そして、カウアイ渡航が20回を超えたころ、ニュージーランドを訪れる機会を得ます。そこで、初めて対面したマオリ語が、私の名前(本名)と同じ音で、現地の首長の名前であったこと、また「予兆」の意味を持つことを知り、一気にポリネシアと日本の関係性に興味がわきました。そこから、ニュージーランドも何度も訪れ、自生の野草やハーブを生活の中に取り入れる知恵、自然と上手に付き合う術を学びました。同じポリネシアのハワイとともに、日本との様々な共通点に向き合う中で、習いあえることがたくさんありそうで、ワクワクするとともに、あらためて「日本語を学びなおそう」と思うようになりました。

まず、取り掛かったのは、日本語の「音(おん)」です。「音霊、言霊」であり、「響き、波動」です。瞑想者でもある私は、ヴェーダの知識も学んでいましたので、一つひとつの「音」が持つギャーナ(本質、知識)の理解と体験は、スムーズに進みました。ここでも、先にあげた「Hina」と「ひ・な(目覚めの・波動、雛)」の他、「Kai」と「か・い(躍動する・元素、海)」、「Aloha」の「あ・ろ・は(自らを・定める・力の発動、魂の息吹、愛)」といった共通点がたくさん見いだせました。

音の波動が、心身や世界と調和している様は、瞑想で使うマントラや日本の祝詞、ハワイのメレ(チャント)でもわかりやすく体感できます。意味を追わず、ただ唱える、もしくは静かに想うだけで、周囲の世界と溶け合い、調和していく感覚は、宇宙旅行のようなワクワク感と、他者と無条件に繋がる心地よさがあります。現代のポリネシアと日本は、物理的距離がありますが、もともとは同じ土地や環境で暮らしていたかもしれない(ムー大陸/パシフィカ大陸やジーランディア)説にも、納得感が得られます。

次に取り組んだのは、「形霊、型霊」、すなわち「文字」です。日本オリジナルの文字は、「神代文字(かみよもじ、じんだいもじ)」と呼ばれ、数十の形があります。「ホツマ(ヲシテ)文字」「カタカムナ文字」などをご存じの方もおられるかもしれません。いずれも、周囲の自然から波動を感じ取り、それを形にしたような、ユニークで躍動感にあふれるものばかりです。

私は、その中でも「ホツマ文字」と「アヒルクサ文字」を学んでいます。これらの文字は、非常にパワフルなので、書く前には、瞑想か禊払いをし、心身を整えます。また、書いた物自体も心身を整える効果があります。寝具の下に敷いて眠ると、腰痛が和らぐ、深く眠れる、といった実感があります。

さて、このような活動の中で、また新しいインスピレーションを得ました。ホメオパシーを通じて、私の波動が、多くのクロップサークルのエッセンスと同調していることに気づいたのです。学生時代、1ヶ月程イギリスに滞在し、ストーンヘンジ等の神秘的な遺跡を巡っていましたが、当時それらが、“エアポート(空港)”に感じられたのを思い出しました。また、不思議な縁で訪れたフィンランドでも、その言語が必ず母音を発声するなど、日本語と似ていることに驚きました。特に、先住民サーミの言葉は、自然をあらわすボキャブラリーの豊富さが際立っており、日本人が雨を400以上の呼び名で表現する感性とも共鳴しています。さらに、地上絵で知られる「ナスカ」「マチュピチュ(インカ文明)」、「すばる(プレアデス)」とのつながりを示唆する情報がどんどん入ってくるようになり、日本~ハワイ~マオリ(ニュージーランド)に続く、インカ(ペルー)への探検の道にも心を躍らせている最中です。

ご縁のある土地や島々を訪れて、現地の友人たちと自然の中にたたずむとき、外見や使う言語は違っていても、同じ美しさを見て、嗅いで、味わっていることを感じます。それは、私に深い安堵を与えてくれ、世界がひとつになる、温かく新鮮な感覚を呼び戻してくれます。「Garden Islander(ガーデン・アイランダー)」という名も、私が出会ってきた、宝物のような島の友人たちが由来です。遠く離れていても、故郷のような懐かしさを感じられる、この素敵な世界に敬意をこめて。

自らがどこから来たのか、どこへ行くのか、には興味がつきませんが、何より、その道程で得られる貴重な古代の知恵と技術を、今につなげていくことを楽しんでいきたいと思います。私が携わっている様々な体験や学びの共通点は、「自然と一つになる方法」です。人が、自然の一部として、ワクワク感や安堵とともに生きる本来の在り様を、また、私たちは生まれたときから統一した神聖な存在であることを、シャーマン的な仲立ちとして、爽やかに、お伝えしていければと思っています。

2018年2月18日, 2020年8月8日追記
Hana Hayashi

13ec483d-e88c-43fd-a930-4eca6cc67bf8 (1)
GI_logoB